更年期障害

そのお悩み、
少しでも改善しませんか。

更年期障害でお悩みの方は、「そういう時期だから仕方がない」と諦めてしまっていませんか。治療をすることで症状を和らげることはできます。まずはご相談にいらしてください。

更年期障害とは

更年期障害は、女性が閉経を迎える年(平均50歳くらい)の前後5年間に起きる身体や心の不調のことを言います。その原因は、卵巣から分泌される女性ホルモン量が少なくなることです。我慢したり一人で抱えたりしてしまっている方も多いのですが、実は更年期障害は治療すれば症状はかなり改善されます。まずは受診するようにしましょう。

更年期障害の症状

  • のぼせる
  • 汗が大量に出る
  • イライラする
  • 気分が落ち込む
  • 動悸がする
  • 眠れない
  • 頭が痛い
  • めまいがする
  • 肩がこる
  • 物忘れが激しくなる
  • 冷え性になる
  • 関節が痛くなる
  • 性行為をすると痛い

30代〜40代の方がなる「プレ更年期」とは

まだ月経がある30代後半から40代の女性に、更年期障害と同様の症状が現れることがあります。原因はホルモンバランスの乱れで、さらに突き詰めていくと、過労やストレスがきっかけとなっていることがほとんどです。もちろんプレ更年期についても当クリニックで治療を受けることができますので、気になる方はまずはご相談ください。

60代以上の方がなる「老年期障害」とは

更年期障害の時期が終わっても、60代になると慢性的な女性ホルモン不足による様々な症状が出てくることになります。特に多いのは、肥満、動脈硬化、皮膚の衰え、骨粗しょう症、排尿障害、性交痛、物忘れ、不眠などで、以前は年齢によるものなので仕方がないと考えられていましたが、今では治療を受けることで日常生活を快適に送れるようになります。我慢せずに当クリニックまでご相談ください。

老年期障害の治療法
  • エストリールという女性ホルモンを服用します。
  • 衰えた機能を補うための漢方薬を使用します。
  • 骨粗しょう症予防のために年に一度は測定しましょう。